「ほら、ちんちめが鳴いて朝だぞ。ごっこど起きろ!」

「うーん・・」

オレが起き出すと、

「ごっこどメシ食っちめえ!」

オレは囲炉裏のそばで麦飯を食う。

オレが鈎(かぎ)づるしを見ながら聞く。

「婆ちゃん、何で鈎づるしは魚の形してんだい?」

「うん?」

「オラげは貧乏だがら、この魚を見ながらメシ食っちめぇーつう事げ?」

「いや、違うぞ!」

婆ちゃんが言うには魚には瞼(まぶた)がない。

ふんだがら火の番をしてくれる。縁起がいいらしい。

「ふーん・・」

オレは改めて黒く煤(すす)けた”鈎づるし”を眺めた。

 

**********

ちんちめ=すずめ(小鳥)

ごっこど=さっさと

つう=という

ふんだがら=だから

**********