庭のグラジオラスが薄い桃色の花を咲かせた。朝露に光ってきれいだ。

「きんぞう、畑のキューリもぎって来ぉー」

「うん!」

婆ちゃんの声に、マー君と一緒にでっかくなり過ぎたキューリを、

笊(ざる)にいっぱいもぎった。

「キューリってトゲがありますね。」

マー君には何でも新鮮だ。

婆ちゃんが皮むきで十本のキューリを薄く長く削(そ)いでゆく。

水が出て相当な量だ。そこに魚と塩を入れでかんます。お昼に

みんなで食った。こでらんねぇ味だ。そこでまた質問する。

「この魚は何ですか?」

「なまり節だ!」

「えっ!方言の歌ですか?」

 

**********

かんます=かきまぜる

こでらんね=たまらない

**********

 

※グラジオラス…アヤメ科の夏の植物

※なまり節…生のカツオ等を蒸す、茹でるなどの処理を施した加工品