夏の日差しが強くなって雷様が頻繁にやって来る。

畑ではとうみぎがキツネに食われっちまった

ふんでもナスとキューリは毎日穫れる。

「きんぞう、ナスもぎって来ぉー」

おらげの婆ちゃんはナスの炒め物が上手だ。しょうゆと味噌を入れて

作る。ピーマンと紫蘇(しそ)の葉を入れっとぎもある。

「ご飯のおかずにはサイコーだね。味噌味がいいね」

「うん、そこがミソだね」

みんなが褒めっから自慢して毎日これを作る。オレは手前ミソだと思う。

そこへ親戚のキサやんがやって来た。知んねぇおじやんを連れてきた。

「むかし埼玉で同じ釜のメシを食った友達だ」

「はい、一緒に鍋をつついた仲間です」

頭を下げてそう応えた。するとマー君が、

「鍋をつつく・・って、箸が折れますよ」

 

**********

とうみぎ=とうもろこし

食われっちまった=食われてしまった

知んねぇ=知らない

**********