五年のたくやんと昨日の晩方、ひやし針を掛けてきた。

朝起きっとたくやんが長靴履いて迎えに来ていた。縁側でどしなる

ごっこど起きろ!ウナギが逃げっちまう!」

オレは急いで庭に出て二人で川さ駆け出す。

まず一本目は「ごんじ淵(ふち)」の深みの近くさ仕掛けた。

川っ淵のネコヤナギの根っこさひっちばった

二人でそろーっと引き上げた。めんめずだけ捕られてダメだった。

次は川の曲がった泥の溜まった場所だ。

「いくぞ!」

ゆっくり引き上げたら、みず糸を通して動きが来た!何かが掛かっている。

たくやんの顔が川底を睨んだ。ドキドキしてきた。

「おっ、やったぞ!」

声はでかいけど・・細くてちんけぇウナギだった。

 

**********

どしなる=どなる

ごっこど=さっさと

ひっちばる=しばる

めんめず=ミミズ

**********

 

※ひやし針…仕掛け針の一種