夏休みもだんだん少なくなる。今日は朝がら猛烈に暑い。

みんなでせき止めた川に向かう。ハア、たくやんとマーくんが来ていだ。

マー君は半ズボンで青色の浮き袋と水中眼鏡を持っている。

オレらは水中眼鏡が珍しくて触らせてもらった。

カズやんは浮き袋を貸してもらいたくてマー君に近づき親切にしている。

六年のさんちゃんがナスを上流に投げた。流れてくんのをみんなで

下流がら深みに泳いで競争して拾った。

川の水が波打ってなかなか掴めねぇ。

ふんでも、けんちゃんが一番で掴んだ。犬かきが上手だ。

今度は川の土手にある、クルミの木がら落っこちた青いクルミを

房のまま、ぶん投げた。ワーっとみんなが集まる。

こうしてお昼ごろになって六年がどしなった

「腹減ったなぁ。終わりにすっぺ!」

 

**********

ハア=もう、すでに

ふんでも=でも

どしなる=どなる

~すっぺ=~しよう

**********