縁側でちんちめ籠(かご)を作る。みんなで竹を伐(き)ってきて鉈(なた)で

細かく割って先ず「ヒゴ」を作る。オレは錐(きり)でめどっこを空ける役だ。

割った竹を足に挟んで・・何回も繰り返す。手のひらの小指側にマメができた。

「イデェーな!」

オレが言うと、マー君が丁寧に答える。

「替わりますか?」

ダイジだ・・」

そごさ親戚のキサやんがやって来た。

「おっ、子どもら・・今日は工作の時間か?ケガすんなよ!」

「今日はちんちめ籠作りらしーよ」

婆ちゃんが代わって答えた。そして腰に手ぇ当てて、

「どーれ!そがれっキューリを穫ってくっか!

そうだごど語って万年草履がら地下足袋に履き替えた。

 

**********

ちんちめ=小鳥(雀)

めどっこ=穴

ダイジ=大丈夫

そごさ=そこへ

そがれ=時期はずれ

**********