オラゲの庭を出て東南の方へ土手を降りっと、畑の下に

チョロチョロと水の湧く場所がある。ここの土手っこは

南向きで日向ぼっこにもいい場所だ。

そしてここは、隠居した曾祖母が使っていたがら、オレらは

「隠居の井戸端」と呼んだ。冬でもここは凍んねがら便利だ。

今日はここで婆ちゃんが大根洗いだ。畑がら引っこ抜いだ

大根を婆ちゃんがかっちゃがんで洗う。

ワラをおんまるめだ手作りタワシでゴシゴシとこすり、

泥水を流す。次々と真っ白い大根が土手っこに並ぶ。

オレは一番太い大根を見つけて言った。

「婆ちゃん、これすごいね!」

「うーん、ずがいでっかも知んねな!」

オレはこれを乾燥小屋のぬぎの下さ運ぶ手伝いをして

十円もらった。晩方これを握りしめて駄菓子屋へ駆け出す。

 

**********

オラゲ=自分の家

かっちゃがむ=しゃがむ

おんまるめる=まるめる

ずがいでる=鬆(す)が入る

ぬぎの下=軒の下

**********