今日は日曜日。稲こぎの済んだ田んぼで“はって”を壊す手伝いだ。

親戚のキサやんが竹と杭をゆっちばった縄を鉈(なた)で切る。そして

引っこ抜いた杭を納屋の軒下さ運ぶ。

四~五本まるって運ぶ。キサやんは力持ちだがら八本ぐれぇ肩に

担いで、あっという間に片づけてゆく。

その後は長い竹の棒を土手っこに運んだり、柿の木の根元から

立てて枝に差し込む。

こうして片づけた後は“わらぼっち”を作る。大人らがみっちり

藁(わら)を運んできて丸く重ねていく。これで来春まで保存する。

そこへ婆ちゃんの庭の方がどしなる声が聞けできた。

「こじはんだよ~」

縁側に熱いお茶と煮物が用意してあった。さど芋とさづま揚げを

煮た物だ。オレはこれが大好きだ。ねっとりとしていて、こでらんね

 

**********

こじはん=間食、おやつ

はって=稲架(はさ)

ゆっちばる=縛る

まるぐ=束ねる

わらぼっち=藁塚(わらづか)

どしなる=怒鳴る

こでらんね=たまらない

**********