オレら小学生がゾロゾロと歩いて隣村のオミノさんげさ向かう。

六年のさんちゃんが先導して今日は「撒き餅ひらい」だ。

オミノさんげで立派な家を作るっつうんで、今日はその

建て前の日だ。

現場さ着くと人がいっぱい集ばっていだ。腕まくりなんかして

袋を持っている人もいる。

「大人に挟まれて、つぶされんだねぇぞ!」

さんちゃんがオレらに注意した。餅が投げられてみんな夢中に

なっとケガすっかも知んねぇがら、おっかねぇど思った。

大工さんらが屋根に登って・・いよいよ、おっぱじまった

色々なものが屋根がらぶん投げられで畑の方まで飛んだ。

庭がら門場の辺りではいっぱいの人が押し合って大騒ぎになった。

危ねぇ、あぶねぇ!

転校生のマー君はひとつも拾わねぇで、ただ逃げ回っていた。

「キケンですよ、キケンですよ!」

 

**********

~げさ=~の家へ

ひらう=拾う

~っつうんで=~というので

集ばる=集まる

おっぱじまる=始まる

**********