寒い日が続く。霜柱(しもばしら)の立った庭の先から沢へ通じる

土手っこの右側にちんけぇ岩場がある。その崖の上から滴る水が

凍って、さがんぼができる。

今朝のは長いさがんぼだ。オレらはそれを折っきょってきて舐め

たり、チャンバラをやったりして遊んだ。

お昼頃、六年のさんちゃんと五年のたくやんが、香沢(こうざわ)の

田んぼへみんなを集めた。

ここは北向きの田んぼ、こごさ水を入れて凍らせてスケート場を

作るらしい。五、六年生がさぶろーを持ったまんま心配して

かっちゃべる

「こんなごどして怒らんねげ?」

だいじだ!こごは、さんちゃんの土地だ」

一応工事が終わる。ふんだげんと沢の水が凍って流れて来ながった。

ものすごく手がちみてえ・・。

 

**********

ちみてえ=冷たい

ちんけえ=小さい

さがんぼ=つらら

折っきょる=折る

さぶろー=シャベル

かっちゃべる=しゃべる

だいじ=大丈夫

~げ=~家

ふんだげんと=だけど

**********