ハンダキョと雪柳の白い花が散って、すぐに黄色い花が

門場に咲く。婆ちゃんは「レンギョーだ」とおせでくれだ。

午前中、爺ちゃんに貯金箱をこしゃってもらった。

孟宗竹(もうそうちく)の節を残して切って、そこに十円が

入るように狭い穴を開ける。これを柱に引っ掛けておく。

昨日、親せきのおばやんが来て二十円もらったがら、それを

こごさ入れだ。振ってみっとカラカラという音がした。

あど少したつど、二百円ぐれぇ貯まっかも知んね。お盆と

正月がくれば、いまっと増える。いっぱい貯まったらオレは

チャンバラに使う「刀と手裏剣」を買ってもらう予定だ。

ラジオで聞いでる赤胴鈴之助がカッコいいがら、友達みんなも

欲しがっている。オレがいっと最初に買ったらばみんなに

貸してやっぺど思う。

(しかし一年後、買ってもらったのは長靴だった・・)

 

**********

ハダンキョ=巴旦杏(はたんきょう)

おせる=教える

こしゃった=作った

こごさ=ここへ

いまっと=もっと

いっと最初=一番初め

**********